大阪ウルトラマラニック開催へ向けての奮闘記です。
<< 全ての募集終了しました。 | main | スポーツエントリー不具合のお詫び >>
0
    大阪ウルトラ追加募集します!
    JUGEMテーマ:スポーツ
     大会実行委員長のSataです。

    エントリーが定員に達し、募集終了のお知らせブログを書きましたが

    その後、キャンセル待ちがしたいとか、
    追加募集をしてもらえないかとか、

    多くのお問い合わせをいただきました。
    昨年までより募集開始時期が早かったので、すっかり気がつくのが遅くて
    間に合わなかった方が多かったようです。
    せっかく連続で出場しているので、ぜひというお問い合わせもあり
    本日、スポーツエントリーより、水都大阪ウルトラマラニック追加募集を開始いたしました。

    お知り合いの方で、間に合わなかった方。
    お友達を誘いたかった方、にもぜひここをご覧になりましたらお知らせ下さい。

    イベント会社や、専従のスタッフがいるわけではなく
    実行委員もスタッフもみな、通常の仕事を持ちながら
    大会運営をしています。
    私たち出来る大会の規模には、どうしても限界はありますので
    数千人というウルトラは、出来ませんが。
    今年可能な精一杯上限の受付をさせていただきます。


    さて、昨日は泉州国際市民マラソンでした。
    例年は、チラシ配りをしているなじみの深〜い大会ですので
    募集は、終わりましたが、応援にでかけました。

    抜けるような青空に、私たちウルトラののぼりが爽やかに映えています。



    今年の泉州は「寒い」「風強い」「雪でも降るかも?」
    と、心配でしたが。
    最高に近いコンディションとなりました。


    岸和田のだんじり会館前では、腹の底へ響くようなか太鼓に背中を押され
    勇気をもらい、力強くランナーが通過していきます。

    「直ちゃん来てるで!」

    と、会館のおじさんに声をかけられましたが、カーネーションを観ていない私には
    直ちゃん?誰それ?状態でした(笑)





    カーネーションにはまってるメンバーは、握手してもらって喜んでました♪

    レースでは、ウルトラでは昨年100キロ最後尾スイーパーを勤めた久保田くんが
    2時間38分の自己ベストをたたき出し。
    チームアジア参加まだ1年の岡元くんがマラソン2レース目にしてサブ3達成。

    最近チームの平均年齢を下げてくれてる20代イケメン男子(笑)の走りに刺激され
    帰路は、二人がゴール会場へ
    五人がランで大阪城へ戻ってきました。

    途中、住吉大社へもお参り。
    実行委員長Sataは大会の無事開催を祈念。
    実行委員女子は何やら良縁を願っている様子^^





    住吉さんは、縁結びに効くらしい!!

    そして、その先に今日は仕事で応援に参加できなかったメンバーの地元を通過にあたり
    お母様が私設エイドを公園に作って待っていて下さいました。

    大きな大きな甘いイチゴに
    温かなおぜんざいに
    イチゴ大福などの和菓子を頂戴しました。




    ウルトラやマラニックにおける、エイドステーションっていうのは

    カラダにもココロにも栄養。

    誰かが走る自分の為に待っていてくれる。

    振り返ると見えなくなるまで手を振っていてくれる。

    それってどれほど、元気をもらえるか。

    後半、大阪城までの足取りがうんと軽くなりました。
    大会におけるエイドステーションは単なる給水にあらずをスタッフ自身再認識できる
    お母様のエイドでした。
    まどかママ、ありがとうございます!

    今年もカラダとココロに元気を与えるエイドステーションを作ろう!
    がぜんやる気がでています♪
    | 大阪100kmウルトラマラニック | ウルトラマラソン大会 | 16:18 | - | - | - |
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ